MENU

 大学に入学して楽しいキャンパスライフを満喫していく、当初の予定はこのようなものでした。
高校とは全く違うキャンパスという場所に身を置くようになって、多くの友達を作ることにも成功しました。
サークルにも参加することができたし、女友達も増やしていく事ができるようになりました。
しかし、女性関係の方は華やかにというわけにはいきませんでした。
入学して1人の女性と付き合うことができたのですが、結局彼女以外の出会いをみつける事ができなかったのです。
4ケ月程度は楽しい関係を続けていたのですが、破局となってしまってからはずっと1人の状態。
つまりこれセックスがほとんどできていない状況になってしまっていたのです。
彼女がいた頃はしょっちゅうホテルに行ったり、互いの住んでいる家に連れ込んではパコパコ楽しめていたけれど、今では虚しくオナニーを繰り返しています。
もっとたくさんセックスを味わいたいのに、そんな気持ちとは裏腹になかなか出会いもなくて困ってしまっていました。
そんな頃に高校時代の友人と酒を飲みに行く約束になったのです。
お互いに20歳にもなったことだし、近況報告もあるから楽しもうという事で待ち合わせとなりました。
連絡は取ってだけど実際顔を合わせるのは卒業以来だったので、思い切り懐かしい気持ちになっていきました。
さらに、彼からおいしい情報を仕入れることになっていくのです。
非モテ男として有名だったその彼、彼女なんか作ったことがなかったのにいきなりセックスの相手をみつける事ができていると言うのです。
セフレアプリを利用していく事で、ルックスに関係なくどんな男にでもチャンスが訪れると話ていました。
前の彼女とセックスしたきりだったから、自分もセフレアプリを使ってエッチだけの関係を楽しみたいと強烈に感じてしまったのです。

彼が言うには出会い系サイトのセフレアプリを使っていく事で、誰にでもチャンスを手にすることが可能だと豪語してきました。
モテたことがない彼にもセックスの相手をみつける事ができたのだから、自分にも確実に相手探しが可能だと言う気持ちになってしまったのでした。

 

 高校時代の友人は当時から女性にモテた経験など一度だってありませんでした。
自他共に認めるような非モテの権化といってもいいような彼だったのに、大学生になってからと言うものはセックスは一人前以上に楽しめていると言うのです。
それを可能にしたのがセフレアプリ、これを使えば誰でも一発楽しむことが可能だと言う事を教えてもらって、女日照りが続いていた事もあって自分もチャレンジしたいって思ってしまいました。

 

 

名前:久家野 悠真
性別:男性
年齢:20歳
プロフィール:
 高校時代の友人から聞かされることになった話は、激しく興味をそそられるものになってきました。
モテなかった彼が、今ではセフレとの関係を楽しんでいると言うのです。
女性に縁がない男でもセックスには困らなくなったというのは驚きとともに、自分もそのような生活を楽しんでみたいという気持ちになってきました。
アプリを使えばセフレを作れる、ならば自分もチャレンジしてみようかという気持ちになってきました。